ササゲ【イタリアン・フレンチ Ginsai Plus】

2021.05.07

こんにちは。銀座にあるイタリアン・フレンチのレストラン、Ginsai plusです。

本日はササゲ(大角豆)です。
見た目はインゲンにそっくりなササゲですが、インゲンとはまた別の野菜です。
元々アフリカで誕生したといわれていて、日本にやってきたのは平安時代といわれています。アフリカ大陸と海をはさんだインドに伝わり、その後、シルクロードを通って中国へと運ばれ、日本に入ってきたとされています。
若い実はさやごと食べられ、炒め物・天ぷら・和え物・おひたし・煮物など、幅広い料理に使うことができます。
漢字では大角豆と書かれますが、その語源にはさまざまな説があるようです。特に有名なのは、畑でなっているときの若さやのつき方が、手にもったものを捧げるときの形に似ていたため「ささげる」が変化してささげとなった説。ほかにも細い牙のような形を細々牙(さいさいげ)と呼んでいたものが、ささげに変わったという説もよく知られています。北関東や東北には、「ささぎ」と呼ぶ地域もあります。
お赤飯にはササゲではなく小豆を使う地域やご家庭もあります。どちらも色が赤くて見分けづらいですが、よく見てみると形や色に違いがあります。小豆は左右対称に近い楕円形になっていますが、ささげはおへそ側が少しだけきつめにカーブした形。一方でささげは、おへそ付近が黒くなっていることが特徴です。
ちなみに赤飯にササゲが使われるようになったのは、小豆よりも皮が厚く、火を通しても破れにくかったからだといわれています。煮炊きすると中央部分から割れてしまいやすかった小豆は、切腹をイメージさせることから武士達に避けられるようになり、代わりにささげが選ばれるようになったそうです。

銀座×Go To EatーGinsai Plusは銀座駅A2出口から徒歩2分、GINZA SIX目の前、送別会、歓迎会、接待、デート、女子会、貸切に最適な、 ベジサプリで食べるエステのイタリアン・フレンチです。スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。 当店のご予約はこちらからご利用頂けます。
━∞Ginsai Plusの予約はコチラ∞━
050-5269-9015
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。

お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

050-5269-9015
Ginsai Plus

Ginsai Plus

住所

〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目9−8 UKビルB1

アクセス

東京メトロ銀座駅 A2出口より5分 
JR新橋駅 銀座口より5分

営業時間

緊急事態宣言を受けて5/31まで営業時間を20時までと致します。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
[火~金]
11:30~15:00(L.O.14:00)ランチタイム
18:00~23:00(L.O.22:00)ディナータイム
[土・日・祝]
11:30~15:00(L.O.14:00)ランチタイム
14:00〜17:00 カフェタイム
18:00~22:00(L.O.21:00)ディナータイム


[定休日]
月曜日

  • 店舗一覧はこちら